新しい試みの「気づき学びと実践の場」を創るためのコミュニティ運営ー心豊かに賢く生きる会


第三回の会合がありました。

こちらは、議論が白熱してロングになりましたので、数人ぬけてますが、最後に残ったみんなで、楽しい時間の記念の撮影です。☺️

メンバーは、まさにダイバーシティ。

はじめから、多様性を大事にしたいという意思を明確にみんなでもち、すすめていくことにしました。

お子さんのお世話をされながら、参加してくださるかたも、独身でバリバリお仕事メインの方も、いろんな方々にご協力や、アイデアいただき、

もうじき、

運営スタッフブログが、立ち上がるところまで、きました。❤️

私たちの活動や、この会の活動コンセプトなど、ブログで、詳しくお話ししていきたいと、思っています!

みなさん、ありがとうございます!

大好きです!⭐︎

引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

つづきゆきこ

大企業のサラリーマンを辞めて独立って大丈夫?という質問 ‐QAその1

みなさん感謝しています、都築です。

最近、自分なりにもう話してもいいかなとおもうことを、時間があるときに、ブログでつぶやいてみたいと思います。

 

起業や、会社を辞めたいけどという質問も最近多く寄せられるので、すべての人にこたえている時間はないので、

ここにしたためておきたいともおもいました。

 

個人的な経験からくるものなので、あくまで、そういうことや意見もあるのねと

眺めていただけますとうれしいです。

 

質問その1:

A:辞めて、大丈夫なの?リクルートやめてもったいないよね?

Q:はい。おかげさまで、生きています。もったいないかは、よくわからないです。

 

リクルートという会社を辞める時に、私は、長く同じ部署におらずに、

「ネットサービスの開拓班」という様な?流れ者のキャリアを積んでいました。

 

リクルートは、紙からネットサービスへのシフトをやむなくされた時代背景の中で、

私は、マーケティングリサーチやアプリケーションエンジニアの経歴もありましたから、

人事的にいえば、専門人材?という見られ方もありました。(当時のリクルートはゼネラリスト集団の会社です。)

 

新サービスの立ち上げにでかけ、終わるとまた次の立ち上げや、課題のあるサービスの部署に移動する、という

ジプシー的な、流転の配置異動が多くありました。自分から手をあげたものもあれば、そうでないものもありました。

 

だから、長くその場にいませんし、メディアプロデューサーという役回り単独で

買収先の現場に出向ということもありましたから、残念ながら、いわゆる出世ラインではありません。

いいように使われていたコマにも、十分なっていたかは、わかりませんが

とんとんと出世するには、その場にまあまあ永く居座ってその事業のことをさもよく知らない(知った風にならないと)と、

周囲への影響力もなかなか発揮しにくいとものだと感じます。(あとは、島耕作のごとく、上にのぼっていく人脈ラインにいることね。)

 

とはいえ、幸いにも、流転のような私のこのキャリアは、自分においては、ラッキーなことだとおもっています。

 

今の仕事の糧になる、「タフなメンタル」と、「新天地での立ち上がりのはやさ」、「思うようにいかない状況での楽観力」

「論理的に戦うスキル(影響力がない場所で影響力を発揮する力)」などが、メキメキ

鍛えられて、いつの間にか、今の会社、「事業を立ち上げていく度胸と体質」が、作られていったのだと思います。

 

 

ということで、当時は、この流れにどっぷりいたころの自分や環境が、本当に嫌で嫌で仕方なかったのですが、

振り替えってみると、

住宅、旅行、ホールディングス、医療(出向)、人材、という結婚(ゼクシ)以外の事業部は、

大体かかわったり、かすったりしたような仕事をして、ライフステージメディアをもつリクルートを一周旅行していい経験をしてきました。

ここまでの異動が、荒波の人も、当時は、少ないんじゃないかなって、笑い話に思います。w

(当時の役員には、海外に行きたいとは、絶対いうなと言われまして、それを守って言ってませんので、日本どまりです。笑)

 

泥臭いウェブサービスの仕事に向かい合い、そして、辞めるときは、その時だと感じる。

 

流れに乗って、そのまま、会社をつくって、辞めてみたという感じで、

私は私なりの道があることを認識して、独立をしていく判断をし、今を過ごしています。

 

起業する人って、案外そういうものなのかも、しれません。

また、みんなどんな人もそうなのだとおもいます。

「その道」がある人が、その道をいく、ただそれだけの話だとなんだか最近思うのです。

 

世の中からみた、成功するかしないかは、別として。

 

 

それでは、次回、また時間があればつぶやき連載してみたいと思います。

いつもありがとうございます。❤

 

つづきゆきこ

プラウディルのサイトはこちらからご覧になれます。http://proudill.jp
 
【お知らせ】‐――――――――❤♡❤♡❤
プラウディルでは、「消費者と共に創る商品サービス・デザイン」というコンセプトで、
「女性の本音マーケティング」をリリースしました。こちらも、どうぞ、よろしくお願いいたします。
こちらからご覧になれます。http://www.proudill.jp/josei-honne/

(商品開発奮闘記)試作品づくりがはじまりました -心豊かな製品シリーズ

みなさま、感謝しています、都築です。
 

最近、天気がよかったり、悪かったり、いよいよ夏本番前のシーズンにはいってきましたが、

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、前回のブログ記事では、

わたしが運営発起人となって活動している「心豊かに賢く生きる会」というコミュニティのご紹介に、すこし触れさせていただきました。

 

今回ご紹介するのは、その周辺の取り組みのひとつ。

会のコンセプトにも関連する商品開発を、プラウディルでは、淡々と、とりくんでいます。

 

一見、活動が、ばらばらに見えるかもしれませんが、

私の中では、思考と行動、コンセプトが一貫していますので、

ストレスを感じないどころか、物事の実現進捗が加速していると感じることも多いです。

私のライフに根差す、テーマだからかな、なんて感じています。

 

さて、活動や、構想スキームの全貌を見せないまま、まずは、チョイミセです。笑

 

写真は、「酒粕」。そして、麹です。

自然酒という、仕込みや「発酵」工程に化学薬品を投下しない、大吟醸の酒粕です。

「麹」は、日本文化に根差す菌で、「国立菌」とされています。

 

生きた日本の文化そのものです。

 

これを、私たちの、身近なものに、役立てる工夫に取り組んでいます。

 

菌と自然との関係、発酵の意味などとても深いテーマ思想です。

 

今日の記事では、言い尽くせませんので、

これからのブログで、いろいろ奮闘している模様を含め、随時お届けしていきたいと思います。

いつも、ありがとうございます。

 

 

つづき ゆきこ

 

 

プラウディルのサイトはこちらからご覧になれます。http://proudill.jp

 

【お知らせ】‐――――――――❤♡❤♡❤

プラウディルでは、「消費者と共に創る商品サービス・デザイン」というコンセプトで、

「女性の本音マーケティング」をリリースしました。こちらも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

こちらからご覧になれます。http://www.proudill.jp/josei-honne/

ポップ・キャッチの作り方のコツ(根本的な話)

みなさん、感謝しています。都築です。

 

今日は、ちょっと真面目に、キャッチの作り方のコツ。です。

 

たとえばプロモーションなど企画をするなかで、

いろんなWeb、チラシなどの、キャッチを作ったり、これでいいのですか?と相談されたりします。

 

その時は、「都築メソッド」をお伝えしています。

 

これは、前職のリクルートでも、

いろんな媒体やクリエイティブで、勝負してきた、

至極の技、です。笑

 

というと、

とても構えた感じなのですが、いたってシンプルです。

 

私のお伝えするメソッドは、

すんごーーくシンプルなものばかり。難しくないです。

 

よくある、ちょっと惜しいキャッチは、

「顔のたるみ、しわ、で悩んでませんか?」という今見えている

「悩んでいること」「現象」に、訴え呼びかけるものが多いです。

 

もしくは、そのもの(商品やサービス)自体のスペックの説明に

終わっているもの。

 

でも、人間って、基本は、何にお金を払うかといったら、

・痩せたいきれいになりたい

・おいしいもの食べたい

・もてたい

・もっとお金もうけたい

・ほめられたい

・注目を人より浴びたい、有名になりたい

とか、案外、コンプレックスや、欲に対して、大枚を払うのだと思います。

 

「こうなったらいいなぁ」「ああこれ食べてみたい、経験したい~」という

「憧れ」や「至福」の感情イメージに、うったえるのがいいですよ。

 

そうすると、あなたの、御手元のチラシも、Webも、どんどん良くなっていくと思います。

 

いかがでしょうか?

試して、よかったことがあったら、ぜひ、教えてください。

 

つづき ゆきこ

 

都築への質問やメッセージはこちら

yukikots@proudill.jp

 

プラウディルのサイトはこちらからご覧になれます

http://proudill.jp

新しい試みの「気づき学びと実践の場」をつくるためのコミュニティ運営

13113318_799442263532781_960503133_o

みなさん、感謝しています。都築です。

ゴールデンウィークも、真っ只中ですね。いかがおすごしでしょうか?

今日は、わたしが、人生で初めてチャレンジし始めた「コミュニティ活動」について、

少しばかり、ご紹介させていただければと思います。

 

私が発起人となって初めたコミュニティは、「心豊かにそして賢く生きる会」という名前です。

コンセプトもそのままで、かなりど真ん中勝負の名前かもなのですが、

 

IT・Webサービス企画の経営者とはまた別の顔である側面も、持っているのが、

女、というものかもしれません。(笑)

 

 

最近は、アベノミクスの流れで、女性の活躍という言葉がよく飛び交いますが、

わたしは、こういう仕組まれたながれの、不自然な活躍というものが好きではありません。

 

女性ならではの考え・発想・感性というものは、やはり、女性が中心になって、草の根的にリードしていくことだと

思います。

 

それは、理屈で仕組まれたものでなく、女が企て、女が中心に実践していく

腹からわきあがる、この、なにかに、結びつけて動くものが、私たちの幸せであり賢く生きていく力の

源だとおもいます。

 

私たちの活動を、少しづつ、あきらかにして、皆様に、ご覧いただきたく思いますし

 

すこしでも、心の中のなにかに触れるものがあるかたには、

ぜひ、お仲間になって、わたしたちと「こころ豊かに賢く生きていく」活動を

実践していただけたら、本当に、とっても嬉しいです。

 

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。

 

都築

 

 

どうやら専門サイトに日記が採用されるらしい

こんにちは。みなさん感謝しています。都築です。

 

プラウディルのクライアントで、

ゴルフパートナーさんという全国で中古クラブを販売されている会社様があります。

 

お世辞ではなく、広告でもなく、「みんなにゴルフを楽しんでもらいたい」という、

まっすぐな気持ちのある会社だなぁと、訪問して会社をみわたすたびに思います。

 

その中で、わたしは「はじめてのごるふくらぶ」という、新規のゴルフプレイヤーを

(とっても簡単にいうと)集めたり、楽しませたり、の仕事をお手伝いさせていただいています。

 

 

 

 

実は、リクルートに勤めていたときは、忙しさにもかまけて、

毎回、なんと一か月で挫折していたゴルフデビューですが、

 

どうしたら、デビューまでに挫折しないのかな?もっと楽しめるのかな?と、考えながら

ゴルフデビューの練習もこつこつはじめていたところ、

 

そのデビューされる方の気持ちが深く理解できるようになり、

 

そして、

「はじめてゴルフをする方の気持ち」にそった提案や意見交換を

企画として、いくつかさせていただいていたのですが、

 

 

その中でも、昨日、奇跡が!

 

ラウンドデビューまでの、自分でつけていた練習体験日記を、

ご担当の方に読み上げさせていただいたたところ、

「面白い」といっていただき、ウェブサイトのコンテンツに採用。笑

 

 

何がどう流れていくのか、自分の人生も仕事も本当にわかりませんが(笑)、

 

一生懸命やっている、生の体験記は、コンテンツとしては

やっぱり面白いですし、こういう専門的な領域のコンテンツは、いわゆるデビューの気持ちによりそった

コンテンツが、あまり充実していないのが実情だとおもいます。

 

それは、すでにプロか、熟練した人の目線で書いているからかな。

 

コンテンツの中身は、理屈で設計したお手軽なものではなくて、

やっぱり、その「目線」と「臨場感」があるものが、好まれますよね。

 

私はいま、仕事も、ゴルフも、(ほかにも語学などもごちゃませでやっていますが)

とにかく、もう、ごった煮で、面白いです。

 

そんなごった煮の中で、

このデビュー日記で、一人でもゴルフ仲間が増えるといいなって、思います。

 

ゴルフは、仲間がいると、数倍たのしいアクティビティですね。

 

スポーツの領域を超えている楽しさがあるのかなと思います。

ぜひ、ラウンドをご一緒できるひを楽しみにしています。

 

もちろん、今日も一時間、練習してきましたYO ❤

 

いつもありがとうございます。

 

都築

 

ご意見ご感想は、こちら yukikots@proudill.jp までどうぞ。

プラウディルのサイトは、こちらからご覧になれます。 http://proudill.jp

 

 

13094164_1186127748078543_8009003993774095739_n

デザインの価値とは何ですか?

 

みなさん、いつもありがとうございます。感謝しております、都築です。

 

 

おしゃれ、かっこいいデザインとか、顧客中心のデザインとか、

コミュニケーションこそデザインとか、

いろいろ、その場でのいわれかたがありますけれど、

 

「どんなデザインがいいのですか?」ということになると、

 

私は、デザインというのは、美しいなぁと、気持ちよく感じるとともに、

その先の何か(もと・ひと)とどれだけ信頼がうまれたかが、価値の尺度だとおもっています。

 

人間も会社も、関係の基本は、「お互いの信頼」だからかなぁ。

 

デザインは、会話とかコミュニケーションといわれるのも、そういう観点からみると、

そうだなぁって思います。

 

商用デザインでも、そうでなくても、

「原点的な基準」でみていくと、自分なりのぶれない判断軸も養えるのかもしれません。

 

そういう観点で、いろんなものをみていくと、

生活や、モノづくり、そして、自然(環境)、生命、細胞、DNAの形状も

よりシンプルなものって、うつくしいなぁって、じわっと、感じるもかもしれません。

 

 

それは、デザインをみながら、自分のなかの「原点」に立ち返るということに他ならないのでしょう。

もっと、日々幸せだなっておもえる時間がふえるかもしれませんね。

 

※今日は、デザイナのTさんが、ブログテンプレートを改良してくれました。

「元LINEの森川さんのブログみたくデザインしてよ~」というオーダーにこたえてくれました(笑)

感謝してます。

 

いつもありがとうございます

 

つづき ゆきこ

 

――――

私への個別の質問など yukikots@proudill.jp

プラウディルのサイトはこちらからご覧いただけます。 Proudill.jp

 

 

 

 

みずの服2016-04-26 17-16-36

「世の中の感謝の総量」をあげていく・集めていくテーマ活動を営みとする生き方

プラウディル都築です

巷では、連休中ですが、今日も明日も、明後日も、仕事です。笑

 

お陰様で、ばたばたっと、また新規案件が、プラウディルにいくつかはいりまして、

忙しくて、走っている状態の毎日です。

 

そのなかでも実は、とても嬉しいことに、

弊社のパンフレットができてきました。事業のご案内です。

 

ここでは、チラ見せ?で、表紙だけでも

みなさまに、雰囲気がつたわるといいなとおもって、添付させていただきました。

 

プラウディルでは、いくつかのとても大変な時期がありました。

当初、起業したてのころは、前職のリクルートさんからの案件の依頼もことわり、

「顧客ゼロ」の状態から、あえて、事業をスタートさせました。

 

これは、傍から見たら、もう、ダメだといわれましたが、私は、できるという確信がどこかにあったのです。

根拠のない、自己確信でした。笑

 

いつまでも、前職のCOLORに、引きづられている、狭い法人、個人になっては

ならないと感じたから、あえて、そうしたのです。

 

その船出は、とても、大変なものでした。

 

ただ、私たちは、明るかった。

 

かならず、うまくいくという確信と、明るさから、

困難を乗り越えて、生き残ってきた、そして成長継続している企業となりました。

(今後ももちろん、楽しく邁進していきます)

 

そして、私たちは、その航海の中で多くのことを、まなびました。

 

それは、「感謝」なくして、商売ならず。ということです。

 

ひとつひとつ、皆様が喜んでくれることを、やろう。

こまっている人を助けよう。とても感謝してくれるから。

 

大きな額面をくれる大きな会社と付き合ったりするだけでなく、

大小個人かかわらず、

私たちは、感謝される仕事がきできる企業になろう。

 

そうきめたのです。

 

わたしは、その決断は、正しかったとおもいます。

 

そして、今年、このパンフや、プラウディルのサイトにも「コンセプト」をしっかりかかげ、

「感謝の総量をあげる」 サービス創・人づくりに、貢献できる企業になるのだと、

明文化し、各種媒体に、かかげました。

※ プラウディルのサイトコンセプトはこちらから

サイト: proudill.jp

動画: https://www.youtube.com/watch?v=5XnkaIjFXiU#action=share

 

もう、一歩踏み出たからには、さらに前に行く覚悟で、

これからも、みなさまや、そのさきのみなさま方とともに、このテーマコンセプトをかかげ進んでいきたいと思います。

 

いつもありがとうございます。感謝

 

都築由紀子

 

 

 

 

 

 

 

 

2015-09-22 19-33-52

京大 情報プラットフォーム構築ーその2

 

 

みなさん感謝しております。都築です。

更新にすこし間が空きましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

一大プロジェクトになっている、京大 構造研究室のプラットフォーム構築。その2です。

経過報告になります。

※サムネイルに今回のイメージ画像を設定しました。一部チラ見せです。笑

 

研究委託開発の獲得、学生の研究室案内、そして、その他の大儀への連携を目的として、

これから(どうやら)数年かけて、壮大なプロジェクトの幕開けとなりました。

 

実は、春先には、国交省の調査もはいり。なんだか、ドキドキしました。笑

 

 

当初は、一人の先生の、

ある目的や世界観を達するために、「必ずこれはやるのだ!」という、声がけからはじまり、

「え?やる意味あるのか?」とか、いろんな声が、周囲から飛び交いながらも、

このプロジェクト(学内では委員会と呼称)は、実現にむかって全力疾走の状況です。

 

熱狂的なエネルギーが、物事を具体的なかたちで、なしていくのには、本当に大事だと、

今回も感じで、プラウディルは、案件をリードしていきます。

 

7、8月は、ほぼ毎週のように、京都の桂や東京四谷での、要件設計のお打ち合わせや、撮影を実施。

CMSの運用はどうするんだ?、これは編集長が必要だ?だれがどうする?どんな基準で?これ調整できるの?

資材はだせれるの?この要項は許可がいるの?・・・などなどと、会議では、こまかいタスクを真剣に検討。

 

Webは、サービス運用が、本当に大事なんですよね。

だから、先々をみこして、本当に細かく決めていくことが、多い。

また、やるやらない、いつやる、の判断も必要。

 

そして、めざす世界観、つまり、コンセプトづくりです。

これが、このプラットフォームの核であり、持続的な成長のための魂になります。

 

これが、また、シビレル(笑)。

 

出張の多い先生がたと、移動と各種打ち合わせの合間を縫って、合流し、

とんかつ定食ランチを、ダイエットはじめてるんだけどと、先生と笑いながら食したり(笑)、

そして、時には、ホテルのロビーや、スタバなどでもグランデ片手にうちあわせし、

なんとか、大枠の要件が固まりました。

 

要件がきまったら、すぐにモックをつくって、

主管の研究室の教授、准教授、助教、秘書のみなさんが、メールや電話もつかい、

飛び回って調整と、いま現在は、本当に祭りの山場。笑

 

そんなこんなで、11月には、誕生するであろうサービス。

 

なんだか、生まれるのが、待ち遠しいですね。

 

周囲の反対していた風向きも、どうやら、向きがかわってきたと感じます。

動き出したら、そんなものかもしれません。

 

 

もう、ひと踏ん張り。がんばりましょう!

どうぞ、応援してくださいね。

 

いつもありがとうございます。

 

都築由紀子

proudill.jp

 

 

 

 

どこに私の情熱はあるのか -be more passionate about what I do.

 
voice_img12

 

プラウディルの都築です。こんにちは。

 

ハイタッチをしている、楽しそうな職場研修のひとコマから、

いきなりですが、、、しばらくぶりに、2日間ほど、寝込んでいました。

 

寝ているといっても、考えている状態で、なんども目が覚めるのです。

この間の、夢の内容がまた、面白い。なにかに、わざとみせられているような感覚もします。笑

 

日々の仕事におわれているのか、ひきづられていると、とても大事なものを忘れがちです。

それが「情熱」というもの。

 

なんだか、しっくりこないとき、からだが動かないとき、などなど、自分の情熱という羅針盤に問うことが大事だとおもいます。

 

 

自分の場合は、海外の人と話すことで、情熱とか、アイデンティティとか、本質的なものに向かい合う機会をつくります。

海外の友人は、とても本質的な質問をしてくれます。そして、素朴な私の回答にも、共感をしてくれるかたが多い。

 

そこで、今回、聞かれた、たくさんのシンプルで良質な質問から出た、自分のことばは、

I would like  to be more passionate about what I do

そう、どこに私の情熱はあるのか。ということでした。

 

 

やりながら「あれ?」これが本当に望むこと、手に入れたいことだったのかしらと思ったら、

その環境じゃなきゃ、生きられないなんていう時代でもないから、

ちょっと戸惑うかもしれませんが、離れて自分と向かい合うことがよいと思います。

 

自分を、虐待することや、自分を卑下するひとからも離れたらいい。

自分の仲間とよべる、いままわりに来てくれているひとをまず、大事にしたい。

写真のように、ハイタッチしながら、仕事ができたら、楽しいですよね。

 

人生のレールはひとつではないから、なんどでもやり直して、しっくりくるものを見つければいいと思います。

 

ということで、精神論的な話も大好きで、すこしつぶやいてみました。

 

すてきな週末をお過ごしくださいね❣ ❣

 

都築由紀子

プラウディル http://proudill.jp

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。