あなたが成功するかどうかなんとなくわかります

みなさん、感謝しております。都築です。

 

ブログ「大企業を辞めて大丈夫なの?」シリーズの番外編です。

私は、プラウディルという会社の運営とディレクターを兼業で実施しながら、個人的ないくつかの活動をしています。

 

特に、メインのプラウディルでは、

会社を運営して、いろんなかたのお仕事やご相談をお受けして、

Webで事業を大きくするお手伝いをしてますが、

 

成功するお客さん(クライアント)を何人もみてきて、

私なりに、このお客さんは、のびるな!ってお客さんと、

 

一方

これは、あかんわ。というお客さんが、大体わかります。笑

 

企業秘密なんですけど、ブログを読んでいただいている皆さんに

少しだけこっそりお伝えします。

  「伸びるお客さん(人)」についてまずお話しすると、こういう特性があります。

これがもちろんすべてではありませんけどね。

 

◎約束を守る

納期。スケジュールがだらだらしないことを、ここでは意味しています。

人の時間を、考慮して動きます、そういうひととの話や仕事は、建設的です。

不測の事態には、あとでフォローもしっかりいれます。

 

◎業界、業績、頭の良さを気取らない

自然体です。人を品定めせず、素直に観察するタイプです。ですから人に好かれます。

こういう人は、無敵ですね。

 

◎人の話をきく

アドバイスをしたら、とても感謝をしめします。早速自分の何かに取り入れる実践力もあります。

目の前のひとの、実りになるような、話をしてくれることもあります。

 

◎判断するテンポがいい

決めるのが、納得すると早いです。軸、信念があるんでしょうね。

 

◎所詮、金なのかと、いわない

仕事ですから、お金をかせぐ、もうける、まわすという、経済観念が必要です。

お金よりパートナーシップなんだ、とかなんとかいいことをいう人に限って、

お金に執着していないふりをしているものの、ほんとは、ものすごい強欲だったりします。

 

◎おごる、誘う、丁寧な礼節

人へ、自分からまずさしだすことを、心がけているのかもしれません。

そして、少しでもおごられると、感謝をします。循環を意識しています。

 

◎お金の主導権をもつ

お金をツールと考えています。お金そのものに、感情をのせたりしません。

お金の偏見が少ない人は、人への偏見も少ないと思います。お金を稼ぐことは簡単だとおもっています。

 

 

それから、最後に、

ややわかりにくい、表現ですが

 

◎野性的

なんだか、直観的というか、、魂の力が強い感じがします。(気の)圧力や密度を感じます。

はじめは、案外こわいなぁとか、不思議な感じだなぁいう印象がある方も多いです。

よく言われるように、自分も同じ気でいけば、仲良しになれますから、大丈夫です。笑

 

 

それでは今日は、番外編でした。

 

 

いつもありがとうございます。

また、よろしくお願いいたします。

 

つづき ゆきこ

 【お知らせ】‐――――――――❤♡❤♡❤
プラウディルでは、「消費者と共に創る商品サービス・デザイン」というコンセプトで、
「女性の本音マーケティング」をリリースしました。こちらも、どうぞ、よろしくお願いいたします。
こちらからご覧になれます。http://www.proudill.jp/josei-honne/
 

 

 

 

 

コミュニティ「心豊かに賢く生きる会」の感謝御礼とさらなる応援を神様にお願いしてきました


みなさん、感謝してます、都築です。
私たちの活動は、
ダイバーシティなメンバーで

心豊かに賢くいきるための学びの場をつくることで、会合は、満場一致になり、

あーだこーだと、みんなで楽しく、自分たちでてきることをもちより、このプロジェクト活動をすすめています。
いよいよ具体的な催しや、行政手続き、

ウェブでの情報開示や発信、

それから、学校コンテンツづくりにも、

精力的になってきました。
担当も徐々に、決まってきて、準備が急ピッチで、すすんでいます。
わたしは、運用ブログの担当もしてますから、

そちらのブログも、気合いはいってます。笑
そんななか、

学びの場として、とあるご縁をいただく、

富士山と浅間大社のコノハナサクヤ姫に、

感謝と応援をお願いしてきました。

御神林に、さきみだれる花をみていると、

コノハナサクヤ姫って、なんて控えめで素朴で清らかで、素敵だなあと思うのと同時に、

私たち、ひとりひとりも、こんな風に地に根を張り咲いているのかも。

なんて、思いました。
みんなで、精一杯咲いて咲いて、お役目を果たしていきたいですよね。
コミュニティのブログも、次回いよいよ登場します。

よろしくお願い申し上げます。

いつもありがとうございます❤️
つづき ゆきこ

大企業のサラリーマンをやめて独立って大丈夫?という質問 その3

みなさん、こんにちは。都築です。
よくあるQAシリーズ、今日は第3回目です。

今日も、はりきってまいります。

写真は、商売繁盛、幸運のつばめちゃんです。
質問

Q: 会社を辞めたら大変じゃないですか?どうやって仕事をもらうのですか?リクルートから仕事もらったり、アドバンテージがあったのですか?
A:そうですね、商売をはじめるのは、大変なのは、あたりまえですね〜。あたりまえという前提なんです。

今から考えると、アホだなと思いますが、アドバンテージはなく、サラリーマンを辞めてからのスタート時には、全部リセット。当時やりたいと思っていた新しいビジネスモデルをためしてみたかったからです。

顧客0から生意気にも始めて、迷いやがむしゃらな気持ち、人からのありがたみを学ぶ、本当に混沌とした日を過ごしていました。

リクルートを辞めたら、いろんな当時のパートナーさんに心配いただいたり、在職時には担当の若者をそだてていただいたとおもわぬ感謝をされたりしました。

やりたいと思う企画がある反面、

まだ転職もできるし、留学も、興味があり、丸一年は、迷いに迷いました。

「本当に商売やる覚悟あるのか?」と、自分に、問いただす時間が、必要でした。
「わたしは、何になりたいのか?」という質問も、繰り返し、問いただすことがありました。

当初はリクルート関連の仕事も一切断り、2か月くらい海外市場をみにいったり、アメリカの昔留学したバークレーにインタビューにでかけたり、少しあしをのばして、スタンフォードのセッションにでてみたり、国内外の知人に挨拶まわりばかりしていました。

たぶん、ひとことでいえば、自分の色で、人生設計をしたり、仕事をしたり、とにかく原点回帰をしたい気持ちが優先したんですよね。
そうこうするうちに、ある教育通販の会社さんから、お声がかかり、仕事をいただくことになり、今のビジネスの形態に発展しました。*まだ、もちろん、変態や展開は、繰り返されていきます。

そして、この後、いろんな学びの修行が、あり、大分、中間をはしょりますが、経営者になって、ひとつ分かった大事なことがあります。

それは、

「なにか成し遂げるべく道のあるひとは、

その信念と覚悟を、磨く旅にでる。」

ということです。

自分の信念って、そんなものかいな?

あきらめれるものかいな?

本当に一歩前に進む覚悟は、あるかいな?

たとえひとりになっても、やりきる覚悟はあるかいな?
と、いつも自分の内心、神、に問われながら、生きていくのが常になります。
シンドイですが、素晴らしい出会いや楽しさは、何かをすてて、なにかを選んだ人にだけ、与えられる経験だとおもいます。

お金も必要ですが、お金以上の繋がりも、織り成されるのでしょう。
今日は、この辺で。

本当に、いつも読んでいただきありがとうございます。
つづきゆきこ 

ご質問やご意見は、yukikots@proudill.jpまで

いつもありがとうございます。❤️

どうして会社をおこそうとおもったのですか?という質問 ‐QAその2

みなさん、感謝してます、都築です。

先日の質問その1の反響が、いつもの10倍‼︎あり、書いた本人も、とっても驚いています❣️

ありがとうございます。
それで、引き続き、その2に行きたいと思います。

これも、毎回、よく聞かれる質問です。

あなたの”なにか”の参考になるといいなと思います。
質問その2

Q:どうして会社をつくろうとおもったのですか?

A:シンプルに、そういう流れがありました。

すこし、話が前後します。

実は、リクルートの在籍時代に、すでに会社登記がおわってまして(辞める2年近く前から)、仕事も幾つかご発注いただいてましたので、めちゃめちゃ周囲のIT系スタートアップみたいに、起業だと、お祭りのごとくダイナミックな振る舞いをする必要はありませんでした。

もう少し言えば、ITスタートアップは、見た目は格好いいですが、泥臭く事業成長にスピードを要求されて、必死になるのがおちなので、もううんざりだという気持ちがありました。

前回の記事でお話したように、リクルートでは、ウェブサービスの開拓や成長牽引の集客などで、どろどろに疲れて、嫌気がさしてましたから、

もし、またチャレンジするなら、本当に世の中にとって、価値あるサービスだけを、永く事業として産み育てていきたいと、いう気持ちが根底に芽生えていたからです。*これが、現在のプラウディルが提供するサービスコンセプトや社会的価値につながってきます。
そんななか、当時は、サラリーマン稼業ですから、その仕事も忙しく、私の当時の会社では、片手間にコーングや研修、webの制作の2つをなんとなくはじめている状態が続きました。

ちなみに、この仕事は、たまたま、エイビーロードという海外旅行メディアのメディアプロデューサーのときに、ふらっと旅にでた、パラオという国で、EC通販サイトのお仕事をいただいたのが、事業をはじめるきっかけです。

そして、パラオにでかけるまえ、同僚が、休暇を1年とり、大好きなハワイで起業をした。そして、生き生きと、スティーブジョブズの話をネタに、やりたいこと、やりたくないこと、蓋をせずに、向かい合えという話をきいたことも、当時、サラリーマンの稼業でくすぶる私には、非常に大きなきっかけになりました。

そのうち、自分の本当にやりたいことに、正直になってみることが、道を開くキーになるのではと、本当に思いだしました。スティーブジョブズの話もなんども動画再生したり、ビジネススクールの単科コースなど、受講したり、コーチングを学んだり、、、これが、わたしの中の余震のはじまり。

そして、しばらくたつと、不思議なもので、アクションを続けるうちに、やりたいと思うアイデアや熱い気持ちがでできたのです。なんとなくでもアクションすると、見えてくるものがあるのは、本当だと思いました。

最終的に、わたしは、自分の気持ちに折り合いをつける日がやってきました。

サラリーマンをして、一方で、経営者として自社を運営していくって、どっちも全力がでない状況下におかれ、もんもんとしている最中、

ある日、ある出来事で、
わたしを先輩としたってくれた後輩が、育ったなと感じたことがありました。そのとき、気が、ふっと軽くなりました。フロア全体を上から眺めている気持ちになりました。 わたしの役目は、ここでは、お終いだと、思いました。

自分の気持ちや周囲の状況に、押し流されるようにわたしは、リクルートでのサラリーマンという役目に終止符をうって、自らの会社の経営に、全力をかけると、決めました。

流れに身を任せ、流れ流れて、道々に、業をおこし、事をなす。

そんな人生かしれませんが、がんばっていきたいと思います。

次回は、立ち上げてみて、すっごく、大変な思いをしたこと。をかきます。多分面白いです。w

みんな、明るく爽快な人生となりますように。
どうもありがとうございます。

つづきゆきこ

新しい試みの「気づき学びと実践の場」を創るためのコミュニティ運営ー心豊かに賢く生きる会


第三回の会合がありました。

こちらは、議論が白熱してロングになりましたので、数人ぬけてますが、最後に残ったみんなで、楽しい時間の記念の撮影です。☺️

メンバーは、まさにダイバーシティ。

はじめから、多様性を大事にしたいという意思を明確にみんなでもち、すすめていくことにしました。

お子さんのお世話をされながら、参加してくださるかたも、独身でバリバリお仕事メインの方も、いろんな方々にご協力や、アイデアいただき、

もうじき、

運営スタッフブログが、立ち上がるところまで、きました。❤️

私たちの活動や、この会の活動コンセプトなど、ブログで、詳しくお話ししていきたいと、思っています!

みなさん、ありがとうございます!

大好きです!⭐︎

引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

つづきゆきこ

大企業のサラリーマンを辞めて独立って大丈夫?という質問 ‐QAその1

みなさん感謝しています、都築です。

最近、自分なりにもう話してもいいかなとおもうことを、時間があるときに、ブログでつぶやいてみたいと思います。

 

起業や、会社を辞めたいけどという質問も最近多く寄せられるので、すべての人にこたえている時間はないので、

ここにしたためておきたいともおもいました。

 

個人的な経験からくるものなので、あくまで、そういうことや意見もあるのねと

眺めていただけますとうれしいです。

 

質問その1:

A:辞めて、大丈夫なの?リクルートやめてもったいないよね?

Q:はい。おかげさまで、生きています。もったいないかは、よくわからないです。

 

リクルートという会社を辞める時に、私は、長く同じ部署におらずに、

「ネットサービスの開拓班」という様な?流れ者のキャリアを積んでいました。

 

リクルートは、紙からネットサービスへのシフトをやむなくされた時代背景の中で、

私は、マーケティングリサーチやアプリケーションエンジニアの経歴もありましたから、

人事的にいえば、専門人材?という見られ方もありました。(当時のリクルートはゼネラリスト集団の会社です。)

 

新サービスの立ち上げにでかけ、終わるとまた次の立ち上げや、課題のあるサービスの部署に移動する、という

ジプシー的な、流転の配置異動が多くありました。自分から手をあげたものもあれば、そうでないものもありました。

 

だから、長くその場にいませんし、メディアプロデューサーという役回り単独で

買収先の現場に出向ということもありましたから、残念ながら、いわゆる出世ラインではありません。

いいように使われていたコマにも、十分なっていたかは、わかりませんが

とんとんと出世するには、その場にまあまあ永く居座ってその事業のことをさもよく知らない(知った風にならないと)と、

周囲への影響力もなかなか発揮しにくいとものだと感じます。(あとは、島耕作のごとく、上にのぼっていく人脈ラインにいることね。)

 

とはいえ、幸いにも、流転のような私のこのキャリアは、自分においては、ラッキーなことだとおもっています。

 

今の仕事の糧になる、「タフなメンタル」と、「新天地での立ち上がりのはやさ」、「思うようにいかない状況での楽観力」

「論理的に戦うスキル(影響力がない場所で影響力を発揮する力)」などが、メキメキ

鍛えられて、いつの間にか、今の会社、「事業を立ち上げていく度胸と体質」が、作られていったのだと思います。

 

 

ということで、当時は、この流れにどっぷりいたころの自分や環境が、本当に嫌で嫌で仕方なかったのですが、

振り替えってみると、

住宅、旅行、ホールディングス、医療(出向)、人材、という結婚(ゼクシ)以外の事業部は、

大体かかわったり、かすったりしたような仕事をして、ライフステージメディアをもつリクルートを一周旅行していい経験をしてきました。

ここまでの異動が、荒波の人も、当時は、少ないんじゃないかなって、笑い話に思います。w

(当時の役員には、海外に行きたいとは、絶対いうなと言われまして、それを守って言ってませんので、日本どまりです。笑)

 

泥臭いウェブサービスの仕事に向かい合い、そして、辞めるときは、その時だと感じる。

 

流れに乗って、そのまま、会社をつくって、辞めてみたという感じで、

私は私なりの道があることを認識して、独立をしていく判断をし、今を過ごしています。

 

起業する人って、案外そういうものなのかも、しれません。

また、みんなどんな人もそうなのだとおもいます。

「その道」がある人が、その道をいく、ただそれだけの話だとなんだか最近思うのです。

 

世の中からみた、成功するかしないかは、別として。

 

 

それでは、次回、また時間があればつぶやき連載してみたいと思います。

いつもありがとうございます。❤

 

つづきゆきこ

プラウディルのサイトはこちらからご覧になれます。http://proudill.jp
 
【お知らせ】‐――――――――❤♡❤♡❤
プラウディルでは、「消費者と共に創る商品サービス・デザイン」というコンセプトで、
「女性の本音マーケティング」をリリースしました。こちらも、どうぞ、よろしくお願いいたします。
こちらからご覧になれます。http://www.proudill.jp/josei-honne/

(商品開発奮闘記)試作品づくりがはじまりました -心豊かな製品シリーズ

みなさま、感謝しています、都築です。
 

最近、天気がよかったり、悪かったり、いよいよ夏本番前のシーズンにはいってきましたが、

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、前回のブログ記事では、

わたしが運営発起人となって活動している「心豊かに賢く生きる会」というコミュニティのご紹介に、すこし触れさせていただきました。

 

今回ご紹介するのは、その周辺の取り組みのひとつ。

会のコンセプトにも関連する商品開発を、プラウディルでは、淡々と、とりくんでいます。

 

一見、活動が、ばらばらに見えるかもしれませんが、

私の中では、思考と行動、コンセプトが一貫していますので、

ストレスを感じないどころか、物事の実現進捗が加速していると感じることも多いです。

私のライフに根差す、テーマだからかな、なんて感じています。

 

さて、活動や、構想スキームの全貌を見せないまま、まずは、チョイミセです。笑

 

写真は、「酒粕」。そして、麹です。

自然酒という、仕込みや「発酵」工程に化学薬品を投下しない、大吟醸の酒粕です。

「麹」は、日本文化に根差す菌で、「国立菌」とされています。

 

生きた日本の文化そのものです。

 

これを、私たちの、身近なものに、役立てる工夫に取り組んでいます。

 

菌と自然との関係、発酵の意味などとても深いテーマ思想です。

 

今日の記事では、言い尽くせませんので、

これからのブログで、いろいろ奮闘している模様を含め、随時お届けしていきたいと思います。

いつも、ありがとうございます。

 

 

つづき ゆきこ

 

 

プラウディルのサイトはこちらからご覧になれます。http://proudill.jp

 

【お知らせ】‐――――――――❤♡❤♡❤

プラウディルでは、「消費者と共に創る商品サービス・デザイン」というコンセプトで、

「女性の本音マーケティング」をリリースしました。こちらも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

こちらからご覧になれます。http://www.proudill.jp/josei-honne/

ポップ・キャッチの作り方のコツ(根本的な話)

みなさん、感謝しています。都築です。

 

今日は、ちょっと真面目に、キャッチの作り方のコツ。です。

 

たとえばプロモーションなど企画をするなかで、

いろんなWeb、チラシなどの、キャッチを作ったり、これでいいのですか?と相談されたりします。

 

その時は、「都築メソッド」をお伝えしています。

 

これは、前職のリクルートでも、

いろんな媒体やクリエイティブで、勝負してきた、

至極の技、です。笑

 

というと、

とても構えた感じなのですが、いたってシンプルです。

 

私のお伝えするメソッドは、

すんごーーくシンプルなものばかり。難しくないです。

 

よくある、ちょっと惜しいキャッチは、

「顔のたるみ、しわ、で悩んでませんか?」という今見えている

「悩んでいること」「現象」に、訴え呼びかけるものが多いです。

 

もしくは、そのもの(商品やサービス)自体のスペックの説明に

終わっているもの。

 

でも、人間って、基本は、何にお金を払うかといったら、

・痩せたいきれいになりたい

・おいしいもの食べたい

・もてたい

・もっとお金もうけたい

・ほめられたい

・注目を人より浴びたい、有名になりたい

とか、案外、コンプレックスや、欲に対して、大枚を払うのだと思います。

 

「こうなったらいいなぁ」「ああこれ食べてみたい、経験したい~」という

「憧れ」や「至福」の感情イメージに、うったえるのがいいですよ。

 

そうすると、あなたの、御手元のチラシも、Webも、どんどん良くなっていくと思います。

 

いかがでしょうか?

試して、よかったことがあったら、ぜひ、教えてください。

 

つづき ゆきこ

 

都築への質問やメッセージはこちら

yukikots@proudill.jp

 

プラウディルのサイトはこちらからご覧になれます

http://proudill.jp


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。