「世の中の感謝の総量」をあげていく・集めていくテーマ活動を営みとする生き方

プラウディル都築です

巷では、連休中ですが、今日も明日も、明後日も、仕事です。笑

 

お陰様で、ばたばたっと、また新規案件が、プラウディルにいくつかはいりまして、

忙しくて、走っている状態の毎日です。

 

そのなかでも実は、とても嬉しいことに、

弊社のパンフレットができてきました。事業のご案内です。

 

ここでは、チラ見せ?で、表紙だけでも

みなさまに、雰囲気がつたわるといいなとおもって、添付させていただきました。

 

プラウディルでは、いくつかのとても大変な時期がありました。

当初、起業したてのころは、前職のリクルートさんからの案件の依頼もことわり、

「顧客ゼロ」の状態から、あえて、事業をスタートさせました。

 

これは、傍から見たら、もう、ダメだといわれましたが、私は、できるという確信がどこかにあったのです。

根拠のない、自己確信でした。笑

 

いつまでも、前職のCOLORに、引きづられている、狭い法人、個人になっては

ならないと感じたから、あえて、そうしたのです。

 

その船出は、とても、大変なものでした。

 

ただ、私たちは、明るかった。

 

かならず、うまくいくという確信と、明るさから、

困難を乗り越えて、生き残ってきた、そして成長継続している企業となりました。

(今後ももちろん、楽しく邁進していきます)

 

そして、私たちは、その航海の中で多くのことを、まなびました。

 

それは、「感謝」なくして、商売ならず。ということです。

 

ひとつひとつ、皆様が喜んでくれることを、やろう。

こまっている人を助けよう。とても感謝してくれるから。

 

大きな額面をくれる大きな会社と付き合ったりするだけでなく、

大小個人かかわらず、

私たちは、感謝される仕事がきできる企業になろう。

 

そうきめたのです。

 

わたしは、その決断は、正しかったとおもいます。

 

そして、今年、このパンフや、プラウディルのサイトにも「コンセプト」をしっかりかかげ、

「感謝の総量をあげる」 サービス創・人づくりに、貢献できる企業になるのだと、

明文化し、各種媒体に、かかげました。

※ プラウディルのサイトコンセプトはこちらから

サイト: proudill.jp

動画: https://www.youtube.com/watch?v=5XnkaIjFXiU#action=share

 

もう、一歩踏み出たからには、さらに前に行く覚悟で、

これからも、みなさまや、そのさきのみなさま方とともに、このテーマコンセプトをかかげ進んでいきたいと思います。

 

いつもありがとうございます。感謝

 

都築由紀子

 

 

 

 

 

 

 

 

2015-09-22 19-33-52

京大 情報プラットフォーム構築ーその2

 

 

みなさん感謝しております。都築です。

更新にすこし間が空きましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

一大プロジェクトになっている、京大 構造研究室のプラットフォーム構築。その2です。

経過報告になります。

※サムネイルに今回のイメージ画像を設定しました。一部チラ見せです。笑

 

研究委託開発の獲得、学生の研究室案内、そして、その他の大儀への連携を目的として、

これから(どうやら)数年かけて、壮大なプロジェクトの幕開けとなりました。

 

実は、春先には、国交省の調査もはいり。なんだか、ドキドキしました。笑

 

 

当初は、一人の先生の、

ある目的や世界観を達するために、「必ずこれはやるのだ!」という、声がけからはじまり、

「え?やる意味あるのか?」とか、いろんな声が、周囲から飛び交いながらも、

このプロジェクト(学内では委員会と呼称)は、実現にむかって全力疾走の状況です。

 

熱狂的なエネルギーが、物事を具体的なかたちで、なしていくのには、本当に大事だと、

今回も感じで、プラウディルは、案件をリードしていきます。

 

7、8月は、ほぼ毎週のように、京都の桂や東京四谷での、要件設計のお打ち合わせや、撮影を実施。

CMSの運用はどうするんだ?、これは編集長が必要だ?だれがどうする?どんな基準で?これ調整できるの?

資材はだせれるの?この要項は許可がいるの?・・・などなどと、会議では、こまかいタスクを真剣に検討。

 

Webは、サービス運用が、本当に大事なんですよね。

だから、先々をみこして、本当に細かく決めていくことが、多い。

また、やるやらない、いつやる、の判断も必要。

 

そして、めざす世界観、つまり、コンセプトづくりです。

これが、このプラットフォームの核であり、持続的な成長のための魂になります。

 

これが、また、シビレル(笑)。

 

出張の多い先生がたと、移動と各種打ち合わせの合間を縫って、合流し、

とんかつ定食ランチを、ダイエットはじめてるんだけどと、先生と笑いながら食したり(笑)、

そして、時には、ホテルのロビーや、スタバなどでもグランデ片手にうちあわせし、

なんとか、大枠の要件が固まりました。

 

要件がきまったら、すぐにモックをつくって、

主管の研究室の教授、准教授、助教、秘書のみなさんが、メールや電話もつかい、

飛び回って調整と、いま現在は、本当に祭りの山場。笑

 

そんなこんなで、11月には、誕生するであろうサービス。

 

なんだか、生まれるのが、待ち遠しいですね。

 

周囲の反対していた風向きも、どうやら、向きがかわってきたと感じます。

動き出したら、そんなものかもしれません。

 

 

もう、ひと踏ん張り。がんばりましょう!

どうぞ、応援してくださいね。

 

いつもありがとうございます。

 

都築由紀子

proudill.jp

 

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。